イーモバイル 料金

「ワイモバイル」のプランで新しく書き直したコチラをどうぞ!

やじるし

ワイモバイルの料金プランのカラクリ:損をしないためのポイントとは?

 

 

 

イーモバイルの料金プランは分かりづらい?

 

イーモバイルはいよいよ8月1日から正式に『Y!mobile(ワイモバイル)』として生まれ変わりました。スマホのサービスは業界でも新しい試みを展開していますが、データ通信は基本的にそのサービスの内容に変わりはないので【イーモバイル】の表記のままの解説になっています。

公式オンライン


 

イーモバイルはモバイルデータ通信として人気をキープしていますが、その一方で、料金プランやキャンペーンの内容が少し分かりづらい面があるというのも事実です。

 

当サイトは、ちょっと分かりづらいイーモバイルの料金プランを実際の体験を元に解説し、契約を検討しているあなたに合ったお得なプランを紹介しています。

 

「Soft Bank」との業務提携により『EMOBILE 4G』という新しいプランが登場したので記事を改正しました。『LTE』『G4』プランの説明は「LTE」&「G4」プランの記事をご覧ください。

 

イーモバイルの料金プランのポイント

オススメのプランは『EMOBILE 4G』

 

現在イーモバイルのデータ通信プランには、大きく分けると「SoftBank」の回線も同時に利用できる『EMOBILE 4G』。自社のLTE回線を利用する『EMOBILE LTE』、自社の3G回線を利用する『EMOBILE G4』という3つのプランがあります。

 

EMOBILE  4G

EMOBILE  LTE 

EMOBILE  G4 (3G)

下り最大110Mbps

下り最大75Mbps

下り最大21Mbps

月々3,696円 

月々3,696円

月々3,696円

 

「Soft Bank」との提携により登場した『EMOBILE 4G』プランは、下り最大110Mbpsという高速通信が利用できるうえに「LTE」「3G」回線も使え、さらに月々の利用料金が同額というところがポイントです。(いずれも契約種別は「にねん」)

 

敢えて性能の良いプランを他のプランと同額にしているのは、今後イーモバイルがこの『EMOBILE 4G』というプランをメインにしていきたいからです。

 

もちろんその性能を考えれば、この『EMOBILE 4G』プランが一番お得であることは言うまでもありません。

 

もともとあった『EMOBILE G4』というプラン名は、「Soft Bank」との提携により登場した『EMOBILE 4G』と似ていて混乱するという理由から今後はあまり使われなくなります。おそらく『EMOBILE G4』というプラン自体が法人向けなど一部の利用者に限定されていくと思われます。

 

それぞれのプランの料金に差がある理由

 

『EMOBILE 4G』には月額割引の対象となる「バリュースタイル」が適用されます。

 

「バリュースタイル」とは早い話が2年間契約を継続することで月々の利用料金を割引するというプランのことです。その種類は「にねん」「バリューセット for 4G」「バリューセットライト for 4G」があります。

 

ちなみに、2年契約プランではないとその利用料金は7,500円です。

 

にねん

バリューセット for 4G

バリューセットライト for 4G

月々 3,696円

月々 5,287円

月々 4,744円

 

「にねん」プランの月々の利用料金は3,696円。これに対して「バリューセット for 4G」プランが(5,287円−3,696円)=1,591円、「バリューセットライト for 4G」プランが(4,744円−3,696円)=1,048円高くなっています。

 

イーモバイルでパソコンを楽しむ女性

ここで「それぞれのプランに料金の差があるのはなぜ?」という疑問が浮かぶと思いますが・・

 

これは「バリューセット」というプランが、パソコンやタブレットとセットになっているプランだから。

 

 

量販店の「イーモバイルに加入すればパソコンが40,000円引き!」とか、販売代理店の「イーモバイルの加入でパソコンをプレゼント!」などといったキャンペーンは、この「バリューセット」プランを利用しているんです。

 

つまり、「バリューセット」プランはパソコンやタブレットを持っていない人や新しく欲しい人のためのプランになっていて「バリューセット for 4G」は38,184円分(=1,591円×24ケ月)、「バリューセットライト for 4G」は25,152円分(=1,048円×24ケ月)の代金が分割でそれぞれ月々の利用料金に上乗せされているというわけですね。

 

『EMOBILE G4』には、使った通信量(パケット量料)によって月額料金が変わる「データプランB」や「スーパーライトデータ」などがありますが、『EMOBILE 4G』『EMOBILE LTE』はフラットプラン(定額プラン)しかありません。

 

「にねん」と「バリューセット」はどっちがお得?

 

では、バリュースタイル「にねん」と「バリューセット」とではどちらがお得か?

 

例えば「バリューセット for 4G」の場合、単純に考えれば2年間の差額が「5,287円−3,696円=1,591円×24カ月分⇒38,184円」なので、パソコンプレゼントなどの独自キャンペーンの総額が38,184円以上であればそのキャンペーンを利用した「バリューセット」プランの方がお得ということになります。

 

ただし、たしかになかにはお得なキャンペーンがありますが、「バリューセット」プランは、契約解除料が割高なので注意が必要です。

 

パソコンが40,000円割引になるので「7.2Mbps」プランを「にねんMAX」で契約して1年が経過。その後「42Mbps」、さらに「75Mbps」というプランが登場し、契約変更を検討したものの、その時点で解除料が37,700円かかるので(機種変更1万円割引キャンペーンもありますが)契約変更を断念・・・。泣く泣く「7.2Mbps」プランで「75Mbps」より2,000円以上高い月額5,980円という料金を払い続ける
・・・経験談(笑)

※消費税5%当時

 

まぁこうしたケースもありますので、当サイトでは基本的には「にねん」の方をオススメしたいと思います。

 

※掲載している利用料などは税抜金額です

イーモバイルのお得な料金プランの結論

 

  • 新しいパソコンやタブレットなどが欲しい!
  •  

  • 上乗せ料金以上にお得なプレゼントキャンペーンを見付けた!
  •  

  • 2年間はプランを変更する予定はない

 

という人は・・・

 

『EMOBILE 4G』の「バリューセット」プランがオススメですが・・・

 

 

 

それ以外の人は・・・

 

『EMOBILE 4G』のバリュースタイル「にねん」の方がオススメです。

 

お得な申込み先は・・・

 

イーモバイルはキャッシュバック還元している販売代理店が事実上なくなりました。

 

なので、イーモバイル(Y!mobile)の公式ページから契約を申込んでもよいのですが、少しでも得するためには・・・

 

 

楽天スーパーポイント還元だけでなく楽天市場などでも様々な特典がうけられる
「楽天スーパーWiFi」
で申込むという方法があります。

 

ライバルのYahoo!が提供している「Y!mobile」を楽天が販売促進しているというおかしな状況になっていますが・・・(笑)

 

新機種303HW

『303HW』の説明>>

 

「Y!mobile」のサービス開始とともに、なんとテレビが搭載されていないスマホやタブレットでもテレビの視聴が可能になる『303HW』という新機種を発表しました。

 

これにより楽天スーパーWiFiの契約は、楽天スーパーポイントなどがもらえる新機種『303HW』のプランと、月額利用料が安くなる『GL10』という機種のプランに切り替わりました。

 

  • 『GL10』のプランは、月額利用料2年間2,839円(税抜)になるプラン。
  •  

  • 『303HW』のプランは、月額利用料は3,659円(税抜)ですが、楽天スーパーポイントが10,000ポイント、または電子ブックリーダー「Kobo Arc 7 HD 16GB」が貰える特典付き(500台限定)のプランです。

 

どちらの機種のプランも、楽天市場の買い物で契約中ずっとポイントが3倍になるという特典も付いているのでさらにお得ですね。

 

矢印

 

 

ソフトバンクのスマホを使っている人はスマホ代が1人あたり2年間1,008円割引になる「WiFiセット割」があります(家族5人まで利用可能)。

 

3年目以降は月額利用料が3,696円(税抜)になり、「WiFiセット割」の割引額も802円になりますが、それでも通常より断然お得です。

 

 

>>楽天スーパーWiFiのお得プラン「公式特設ページ」

 

前述のとおり、Yahoo!は楽天のライバルなので楽天がいつまで「Y!mobile」のお得なプランを提供するか分かりません。なので、楽天の特設ページはマメにチェックしたほうが良さそうですね。

 

 

ちなみに・・・

 

無線データ通信には他に『WiMAX』があります。

 

『WiMAX』のメリットは何と言っても通信制限がないことですが、やはり『イーモバイル』に比べ、その通信エリアが狭いのは致命的なが弱点と言えます。

 

たしかにデータ量を気にするのであれば『WiMAX』という選択もあります。しかし、その圧倒的な通信スピードとエリアの広さを考えれば、まだまだ『イーモバイル』の優位性は変わらないでしょう。

 

 

ということで、最後まで読んでくださってありがとうございます。当サイトが少しでもイーモバイルの料金プランを選ぶ上での参考になれば幸いです(^^)